オナニー鑑賞

オナニー鑑賞は間違いなく一番の贅沢なプレイだと個人的には思います。
というのが本当にいやらしいので一つ一つの女の子の動きが興奮する対象としてみれるからです。

完璧にいやらしいことをたくさんしているのが分かりますが、本当にたくさん経験をしている自分ですらまだまだオナニー鑑賞に関しては課題がありますね。

それでもやっぱりオナニーをしてくれる女の子は出会い系からひっかけてきます。
たいていの女の子は出会い系をしているタイプは股が軽いので普通にそういうことができるんですよ。

最高なレベルで気持ちの良いプレイをしたいと思うような人って出会い系には実は女の子ではゴロゴロいます。
ただそれを表には出さないようなタイプが多くて、普通に会話を楽しむことくらいしかできないんだという人が多いようです。

こちらとしては普通に絡んでいく中で最終的にはオナニー鑑賞をするという流れに持っていくので、こちらとしても女の子に最初からいやらしいことをガンガンいっているわけではないですよ!
テレセ

普通に今回の女の子も絡んでいる中でこのタイミングだという瞬間を見つけてオナニーをするように仕向けました。
彼女は普通に仕事を沢山している中でストレスが相当溜まっていたらしく、出会い系で発散しようと思っていたようです。

だからこそここでスッキリさせる必要があると思い、色々といやらしいことをさせてもらいました。
これまで彼女が出会ってきた男性とは半端じゃないレベルで快感を得ているわけではないので今回はなんとかしたいとも思っていたようです。

普通に会話をしていく中で徐々にエロい内容を差し込んで行き、最終的には素晴らしいオナニー鑑賞をさせてもらうように仕向けて大成功でしたよ。
愛人募集掲示板
愛人募集掲示板

パパ募集

私の年は58歳。この歳だと若い子と飲めるのはキャバクラだけ。若い子は好きだけど、キャバクラみたいなうるさい場所は正直苦手。でも、家に帰っても口うるさい妻しかいない。そのため私は静かなBARで仕事帰りに飲むのが日課になっていました。

「いらっしゃいませ。いつ物で宜しいですか。」「よろしく。」カウンターで飲んでいると2人組の若い女性が隣で会話をしていました。「パパに財布買ってて頼んだらお金ないって断られた。違うパパ募集しようかな。」「えぇ、パパいるだけでも羨ましいのにもう少し我慢してみれば。」「あっ、噂をすればパパからのメール。やった、これから財布を買ってくれるみたいだからパパにこれから会ってくるね。」こうして、1人は帰って行きました。
愛人 お金

「パパ募集しているの。」私は酒の力を借りて彼女に声をかけてみました。「えっ、聞いてたの。パパ募集してるよ。」「おじさんが、パパになろうか。」「マジで。」「若い子とお酒飲めるだけでいいんだ。でも、キャバクラだと嬉しいから静かなお店で一緒に飲んでくれる人を探してたんだ。」「一緒に飲んだらお小遣いくれるの。」「もちろん。初めだし1万でどうかな。」「それが安いかよく分からないけど、前払いしてくれるならいいよ。」こうして、私は彼女と契約を結びました。

彼女とは週一のペースで、いつものお店で飲むようになりました。特別いやらしい事もする訳でないので彼女との関係は今も続いてます。1人で飲む酒より今は美味しいです。
テレサ・テン
愛人募集