愛人契約

私の兄はとても優しく、頭も良くて、かっこいい自慢の兄です。そんな兄に彼女が出来ました。今までの彼女は、うちが裕福だと分かってから媚び売る人ばかり。彼女の服装でお金目当てで兄に近づいているとすぐに分かりました。だから、私に媚びを売る人は嫌いでしたが今回の人は違いました。身につけているものはブランド。とても上品な感じで、優しく、兄にとてもお似合いの彼女だと思いました。このまま順調に彼女が兄と結婚してくれたら嬉しいなと思いました。

ところが、私は見てしまいました。彼女が男性と2人で歩いている姿を。腕を組んで歩いてる姿は恋人のような感じがしました。私は嫌な予感がして彼女が男と別れた後、男に問い詰めました。すると、彼女と愛人契約をしていることを教えてくれました。彼女が持っているものは全て愛人契約で結んだ彼からの贈り物。
愛人募集していたパパと愛人契約完了
お金に困っている彼女は愛人契約をサイトで探していたことを。何故お金に困っていたか、今思うと兄の事が好きで兄と付き合うため、兄に似合う女性になるためにお金が必要なのかなと思いました。私はすぐに兄にこのことを教えたかったけれど、兄が彼女と一緒にいる姿はとても嬉しそうで真実が話せませんでした。彼女にも問い詰めたかったけれど出来ないし私はどうしたらいいか分かりませんでした。

後日、兄が結婚の話をしてきました。私は兄が幸せならと、この事を秘密にしておきました。しかし、結婚しても兄を裏切る行動をしたら私は何をしでかすか分かりません。
パパ活サイト
デート援

パトロン募集

友達と健康ランドに行くのが日課になっていました。仕事の疲れが一気に飛ぶこの瞬間がすごく好きです。そしてお風呂から出たら美味しいビールを飲む。これが休日の過ごし方。「なんか、私達まだ20代なのにおばさんみたいな感じじゃない。」「いいの。お金ないし、こんなところでリラックス出来るし最高じゃないの。そして、温泉は美容にもいいしね。」「お酒飲んでるのに。」「いいの。でもパトロンが欲しいな。パトロン募集しているのにネットを利用してもなかなか出会えないよ。」「まだ、パトロン募集してたの。私はもう辞めたよ。変な男に捕まりたくないからね。」しかし、私が広場の会場で大きな声でパトロン募集の話をしていたせいか、近くにいたおじさんが私達の前にきました。
パトロン
「そのパトロン私がなってあげようか。」「誰、おじさん。」「定年退職して、年金も貰っている。お金も持っているジジイだよ。」少し怪しいと思いながら3人で酒を飲みました。ジジイと名乗るおじさんが本当に金を持っているかわからないけれど、今の暮らしにつまらなさを感じているため、パトロンが欲しい人に支援をしたいと言っていました。もちろん、その代価はデート。おじさんとデートしている姿を知り合いに見られたらヤバいと思いましたが、一回のデートに10万あげると言われ、怪しいと思いながらもおじさんとデートの約束をしました。まさかの健康ランドが出会いの場になるとは思っていませんでしたが、本当にパトロンになってくれたら嬉しいです。
ライブチャットオナニー
チャットオナニー

ライブオナニー

パソコンにカメラをつけたので、遠くに住む彼氏と電話するのが日課になっていました。もちろん携帯でも電話しても良かったんだけど、パソコンの方がより大きく彼氏の姿が見えるのでパソコンで話すのが日課になっていました。

そんなある日、たまたまネットの広告にライブと言う言葉に目が止まりました。私は早速アクセスするとスケべなサイトでした。でも、彼氏に会えるのは月に一度。欲求はたまるしライブオナニーに興味を持ち出した私はサングラスをかけてやってみることにしました。
ライブオナニー

いろんな男性がいたけれど、その中に私と同じサングラスをかけた若い男性の人に興味をもち、その人とライブオナニーをしました。私がサイトを利用するのが初めてと伝えると彼がリードをしてくれました。最初は興味本位だったけど見られていると言うこともあってだんだん感じるようになりました。「すごく綺麗だよ。可愛いおっぱいだね。」すると、彼も服を脱ぎ出しました。その時私は違和感を感じました。彼氏にある乳首の上にあるホクロが彼にもある事。声も似てるし、首元にもよく見たら彼氏と同じホクロ。住まいも今彼が住んでる住まい。私はチャットオナニーの相手が彼氏だと気付きました。とりあえずこのままとぼけてやる私。私だと気づかれないようにやっていたせいか全然気持ちよくありません。しかし彼は気持ちいいみたいです。彼氏は他の人ともこういう事をしてると思うとなんか浮気されている気分になりました。次に会った時は電話以外にカメラを何に使っているの聞いてみようかなと思いました。
オナニーチャット
ライブオナニー

お金が欲しい

お金が欲しいんです。
ただ私の悩みはそれだけなんですよ。

でもそれってあらゆる人の悩みでもありますよね。
普通の人はお金が欲しかったら働けというでしょう。

でも私からすると微々たる金額を時間を長いことかけて稼ぐというのは間違いだと思うんですよね。
やっぱり短時間でかなり高いお金をもらってこそだと思っていたのでいろいろと方法を探していたんです。

そうしていると出会い系が意外にも使えるんじゃないかということに気づきました。
というのが出会い系でお金がないのでパパを募集したらいろんな人から連絡がくるんじゃないかも思うようになったんです。

気になったことはすぐに実践するのが私としてのポリシーですのですぐに書き込んでみることにしました。
すると出会い系の男の人がいかにこういう今回を望んでいるのかがすぐにわかりました。
お金くれる彼氏との出会いの馴れ初めとなったパパ活のやり方

ありえないようなペースでいろんな人から連絡がくるんですよ。
でもその中のほとんどは援助交際のような感じです。

そこは自分の中での感じとは違いましたのでちゃんとその内容を吟味して色々と絡んでみることに。

そうして出会ったのが今のパパなんです。
お金が欲しいという投稿をみたらつい助けたくなるようなんです。
私としてはそういう男の人が存在しているとは思ってもいませんでしたので本当にラッキーでしたね。

デートをする約束をしたんですが、会った瞬間にいきなり数万円くれるとか本当に最高ですよ。

彼と毎月なんか今会っているので普通に働くことがバカらしくなるようなお金を稼げています。
いろいろと楽しいアルバイトもあるでしょうが、間違いなく今の関係に勝てるものはないですね。

本当に最高なお金の入り方ですので皆さんにおすすめしたいです。
オナ友達
オナ電

お金をもらう

付き合って半年くらいの彼女がいたんだけど、エッチの時にフェラしてってお願いすると「お金をもらうわけじゃないんだから、そこまでサービスできない」って断るの。
お金をもらうわけじゃないって言い方が、なんかさ、昔そういう仕事してたことがある?のかなって思わせる口ぶりなわけ。
恋人同士のセックスにまで「お金をもらうわけじゃない」なんて言い方すると、そう疑っちゃうよね。
そう思ってから、なんとなく、昔そういう仕事をしてたんじゃないかって目で彼女を見るようになってしまって、どんどんその思考から逃れられなくなってきて。
別に夜の仕事とか、風俗に偏見があるわけじゃない。。。いや、あるな。正直言って、偏見ある。
知らない男たちの性欲処理してた女なんて、汚いって思っちゃう自分がいます。はい、すみません。
ツイッターの援助交際
その頃にはすでに心の中で、彼女のことを虐待してたと思う。
「フェラして」って頼んで「お金をもらうわけじゃないしー」って言われると、すかさず「いくらならする?」って聞くの。
「三万?」って結構現実的な数字出してくるからさ、カチンと来ちゃって。
俺、三万払ってしまったわけ。
それも、ベッドの上に札をばらまいて。
「ほら、受け取れよ!」って。あの頃の自分、サイテーって今でも思うよ。
別にフェラがどうしてもしてほしいわけじゃなかったんだ。
ただ、愛情からフェラしてほしいって思ってただけで。
そこに「お金をもらうわけじゃない」って断られたのが、腹立たしかっただけなんだよね。
もちろん、彼女、怒ってそのまま出て行っちゃったんだけど。
お金もらう